みのもんたさんが報道番組の降板を発表

窃盗未遂容疑で次男が逮捕されたことを受け、報道番組の降板を決めた、みのもんたさん。

その、みのさんが26日、東京都内で記者会見を行い、番組降板を決めた理由を話しました。

この記者会見には100人を超える報道陣が出席。集まった記者らに対し、「世間をお騒がせして申し訳ございませんでした」とまず謝罪したみのさんは、「子育てが間違ったのなら父親の責任はある」と、降板理由を説明したのです。

記者らの質問に対し、涙を浮かべたり、笑ったりしながら答えたみのさんは、最後に次男に向けて「バカヤロー」と一喝したそうです。

出演している番組を降板することになったみのさんですが、バラエティー番組「秘密のケンミンSHOW」と、ラジオ番組「みのもんたのウィークエンドをつかまえろ」の出演については、みのさんは降板を申し入れたそうですが、局側から慰留があったため、これまで通り続けるそうです。

 

 

中国の富裕層を中心に違法性が疑われる灰色収入が増加している

世界第2位の経済大国である中国。

しかし中国の富裕層を中心に、違法性が疑われる灰色収入が増加傾向にあるというのです。

同国のシンクタンク「経済体制改革研究会」(CSER)の発表によると、中国の富裕層を中心にした灰色収入が総額6兆2000億元(約100兆円)にも達していて、その総額は、国内総生産(GDP)の約12%に相当するというのです。

調査をまとめた研究者は、「高収入の世帯になるほど灰色収入も多い」と指摘。

また、富裕層の灰色収入の増加は富裕層と貧困層の収入格差をさらに広げる要因になっていて、この研究者は「中国は世界で最も経済格差の大きい国のひとつとして、危険な領域に入っている」とも指摘しています。

健全なカタチで経済大国になっていない中国。破綻した時には、日本以上にいっきにいくかもしれませんね。

 

夜勤が乳ガンのリスクを高める

乳ガンは日本女性の場合、16人に1人がかかるガンだといわれています。

そんな乳ガンになるリスクを、夜勤の仕事が高めていることが、カナダの研究チームが明らかにしたのです。

研究チームの発表によると、夜勤シフトで30年以上働いた人は乳ガンのリスクが通常の勤務時間の人と比べると2倍高くなってしまうというのです。

夜勤が乳ガンのリスクを高めるのは、夜勤で不規則な生活になっていることも理由にあるようです。

夜勤が続き、睡眠サイクルがおかしくなってしまうと、ホルモンのリズムも乱れてきてしまい、メラトニンというガンを防いでくれるホルモンの分泌が減り、逆にオストロゲンというガンを誘発するホルモンの分泌が増えてしまうというのです。

将来、乳ガンになりたくないのなら、夜勤のある仕事は30年以上はしないほうがいいでしょう。

 

図書室の本を古本屋に転売していた元司書

新潟市教育委員会は20日、新潟市立小須戸中学校の図書室にあった本約3千冊を古本屋に売っていたとして、図書館司書の40代女性を窃盗容疑で新潟県警秋葉署に告訴したことが明らかになりました。

市教委によると、この女性は女性は平成20年4月から今年3月まで臨時職員として小須戸中学校に勤務していた間に、図書室から本を持ち出し、古本屋に転売し、生活費に充てていたというのです。

今年4月に新しく司書になった人が、24年度に購入された506冊のうち500冊がないことを不審に思い、調べたところ学校が購入した4800冊のうち約3000冊の行方がわからなくなっていたそうです。

他の教諭や生徒は本がないことに気付かなかったということですが、購入した本のほとんどが無くなっているのに、本当に誰も気づかなかったんでしょうか?。

 

愛知淑徳大学の女子学生4人もUSJで迷惑行為をしていたことが判明

神戸大、同志社大、関西外大に通う学生がテーマパーク「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」(USJ)で迷惑行為を行っていたことが問題になっていますが、新たに愛知淑徳大学の女子学生4人も同様の行為を行っていたことが判明しました。

大学によると、この4人の女子学生は、3月8日にUSJを訪れた際、施設内へは飲食物の持ち込みは禁止されているにも関わらず、バナナを手に持って「ジュラシック・パーク・ザ・ライド」に乗り記念撮影を行い、その写真をツイッターに投稿していたというのです。

学生によるUSJへの迷惑行為が判明したのはに続き、4校目となります。

学生が、こうした迷惑行為を行うのは、自身が行った行為をブログやツィッターに投稿し自慢するためなんでしょう。

自分たちがやっている行為は、迷惑行為であって自慢するような行為ではないことが大学生になってもわからないんでしょうか?。

 

「ガリレオ」が6年ぶりに帰ってくる

2007年にフジテレビ系で放送され大ヒットした連続ドラマ「ガリレオ」が、6年ぶりに帰ってくることが23日に明らかになりました。

「ガリレオ」は、作家の東野圭吾氏の大人気ミステリーシリーズで、累計発行部数950万部超という大人気ミステリーです。

また、前作では、容姿端麗で頭脳明晰ながら、子供嫌いで理屈屋の変人である主人公のガリレオこと福山雅治が演じたことでも話題になりました。

4月から放送される続編でも福山が湯川役を続投。ただ、相棒は柴咲コウが演じた新人女性刑事の内海薫ではなく、原作にないオリジナルキャラクター、警視庁捜査1課の若手女性刑事の岸谷美砂がつとめるそうです。

この岸谷役は吉高由里子が演じ、吉高は6月29日公開の「ガリレオ」シリーズ映画版「真夏の方程式」にも出演するそうです。

今回のドラマの原作は2008年から昨年にかけて出版された4作が原作になるそうですが、正式なタイトルは、まだ未定だそうです。

 

岐阜県の私立多治見西高校と付属の中学校で集団食中毒か発生する

岐阜県多治見市の私立多治見西高校と付属の中学校で食中毒とみられる症状で計84人の生徒が休んだため、12日と13日を臨時休校にしたそうです。

両校では6日と7日に学校祭が開催されたのですが、その学園祭の模擬店で提供された食品が集団食中毒の原因ではないかと県はみているようです。

両校の学園祭の模擬店で提供されたのは焼きギョーザやハンバーガーなどで、食中毒が心配されるような食品は無かったようですが、時期が時期ですし、給食のない高校で集団食中毒が発生したのですから、やはり模擬店の食品が原因の可能性が高いでしょう。

食品の衛生についてはやはり徹底する必要があります。しかし、それと同じくらい、FXのスプレッドについては条件を限定して追求していくべきです。私はFX スプレッド 人気を特に意識し、口コミや評判を重視して、FXをやっています。

幸いにも、入院するなど重症の生徒はいなかったということですが、こうしたことが起きてしまうと、学園祭で食品を扱う模擬店を出すのは止めた方がいいという風潮になってしまいやすいですから心配です。

人気となっている格安レンタカー

格安を売りにしたレンタカーチェーンに人気が集まっているそうです。

若者たちの間で加速している車離れ。

マイカーを持つと維持費や税金がかかってしまいますから、車を持たない若者が増えてきていますが、そんな中で人気となっているのが「10分100円」のワンコインタイプのレンタカーなんです。

こうした格安レンタカーチェーンは、価格競争は激しくなる一方の中古車販売業者やガソリンスタンドが行っていますから、貸し出す車は販売用の中古車を活用できるうえ、整備用の施設やスタッフなどもそろっているため、破格の価格設定が実現できるんだそうです。

中古を活用できれば、エコ・資源管理という面でこれ以上のことはありません。FXでも使われなくなったツールを安く売る場所があれば良いんですけどね。最近は、マネーパートナーズ スプレッドに関してよく調べています。ですが、ツールを選ぶのは結構難しいんですよね。

利用する人も、車が必要な時にだけしかお金がかからないため経済的で、お互いにメリットがあるため、この格安レンタカーチェーンは、これから益々人気が高まるのではないでしょうか。